累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
フライキャスティングの楽しさに惹かれ日々奮闘中!!情けない記事が多いのはご了承下さい。
by junjun720
初秋の来客②と③・・・の巻

たまりにたまった代休。
やっと消化出来るようになりました。
って言っても無理やりな部分もありますが・・・

シーズンもいよいよ終盤です。
今年はイブニングも含めれば回数だけは行ってるんですけれど。
なんとも遅ればせながらドライフライが楽しくて楽しくて。

会社の許可と嫁の許可を得て、二日間超集中ドライ釣行を計画しました。
目標は渓流での尺。
イワナでもヤマメでもどちらでもいいです。
できればヤマメの方で。笑

と、単独釣行を計画してから三日後。
いつの間にかいろんなサプライズ交じりで同行での釣行となりました。


a0057274_18175461.jpg

あまりに急な計画だったけれど、90本買った針の半分は巻きました。

いよいよ釣行前日。
毎度の如くワクワクさんになってしまいます。
また寝れませんでした。

a0057274_18184651.jpg

一日目は八戸師匠と同行です。
今年は全然釣りに行けてないので良い思いをしてほしい。
過去の記憶と実績と情報を頼りに現場へ向かいます。


a0057274_18193429.jpg

ヤマメとイワナの混生河川です。
逃げの川であり人気河川でもあります。
プレッシャーは高いのですが運が良ければ釣れちゃいます。
しかも馬鹿釣れしちゃいます。

へんな渋滞で遅れた師匠にまずは釣ってもらいました。
ココは!というポイントよりも少しだけずれた場所に魚はいるようです。
早々に釣りあげたので、左岸と右岸に分かれて釣り上がることに。

大きな堰堤を越えた所から急に反応が良くなりました。
飽きない程度に8寸クラスのヤマメが出てくれます。
大釣りではありませんが、会話しながらの釣りも楽しいんです。
あ、師匠のフライをくわえ損なった魚は凄い奴だったようです。涙


a0057274_182026100.jpg

日が差したり、急に雨が降ったりと、変な天気に悩まされます。
風があまりに強いので別の支流に向かうことにしました。



a0057274_1821644.jpg

その前に腹ごしらえ。
時間が勿体無いのでコンビニで済ませます。
手作りのおにぎりが妙にうれしい。

初夏のころに入った支流に向かいます。
途中本流の状況も見てみますが、濁りが入っていたのでパス。

入渓点には今から入りますというルアーマンが二人。
なので本流との出会いから入る事にしました。

まずはオレが先行させてもらいます。
ヒラキでは案の定無反応。

少し釣り上がると流れが複雑になった場所がありました。
カタにフライを落とすと、チュッとフライが消えました。

お!イイサイズ。
と思ったのもつかの間、フックアウト。

あ~~~~。

渓に染み入る オレの声



後ろを見ると笑う師匠。残念。
もう一回お願い!

更に上のカタに流します。
チュッ。

お!もっとイイサイズ!!
後ろで師匠が騒ぎます。

流れを下る魚。

すると急に重くなりました。

砂籠の破片のようなものにティペットがからんでる~~~。
近くまで寄ってみると大きなイワナがまだ付いてます。

ビビる魚と興奮のオレ。

手づかみしようとした瞬間ティペットごと逃げていかれました。
さよなら大イワナ様。
死んでください、大爆笑の師匠。

嗚呼嗚呼嗚呼・・・涙

交代を繰り返しながら釣り上がりますが、なかなか反応を得られません。
少しだけ景色の違う岩盤のエグレ。
バックも十分に取れるので、ロングキャストで狙ってみました。
丁度良くエグレの際にフライが差し掛かると、わかり易い食い方が。

スッとロッドを上げるとローリングローリングローリング。
後ろで見ていた師匠が「尺あるぞ尺!」とオレより興奮中。
逆に冷静になれたかな?無事ランディング。笑


a0057274_18215517.jpg

尺には少し足りないけれど、渓流では満足の一匹。
多分本流からさしてきたであろう綺麗な魚でした。


写真を撮り終え上流に向かうと師匠の竿がグングンなってます。
水面に出た魚体は尺か!?と思えるようなイワナでした。
これも尺には少し欠けていましたが、本人も満足げでした。

三回出てフられたイワナには参ったけれど。



グッと気温も下がりいよいよイブニングの時間です。
本流をウエットで釣りくだります。
8寸クラスが遊んでくれますが、尺上様との出会いはありませんでした。残念

師匠とはこれでお別れです。
日帰り弾丸ツアーお疲れ様でした。
後日談ですが、宇都宮一歩手前で力尽き、家に着いたのは朝の6時だったそうです。

貸切状態の『目の湯』で一日の疲れを癒します。
一人だったので洗い場で洗濯までしちゃいました。

眠気が一気に襲ってきました。
湖畔公園のゲートを上げる力も残されてはおらず、近くの駐車場でおやすみなさい。


















二日目
a0057274_18225250.jpg

ぐっすり眠ったオレとワクワクさん二人。

さて二日目の釣行はナヤさんと、T龍営業マンのチキンさん。
(チキンさん=前回のクラフト展で知り合った釣り馬鹿さん。☆先輩とオレの作るチキンラーメンを頗る気入ったらしく、勝手にチキンさんと命名させて頂きました。笑)

因みにチキンさん、渓流の釣りあがりから海のマグロまでこなすマルチな釣り人です。
良いポイントの前では目の色が変わります。
実際初めてお会いした時も、真っ暗闇の中果敢にドライでライズを狙っていました。


二日目は魚は薄いが出れば良型!ってな渓を選びました。
朝一に入れば頭はねされる事も無いので、じっくり釣り上がれます。

まずはチキンさんに先行してもらいます。
じっくりと食い入るように後ろから見つめてみるナヤさんとオレ。笑
すると「交代しましょうか?」とチキンさん。
「まずは一匹釣るまで」とナヤさん。
そうです。
折角来ていただいたんだから!!一匹釣るまではオレ達は竿は出せません。

直ぐに『いかにも』ってなポイントが出現。
確かあそこは前回ナヤさんが出したポイント。

離れた所から狙うチキンさん。
キャスティングも凄い上手なんですよ。クラフト展の大会では2位の距離だったし!
せり出した木の下が良い流速です。
一発でポイントに入りました。

出ろッ!

出たッ!!


あ~~~~



フライがふわりと飛んできました。
でも魚はくわえてはいないようです。

もう一度。


出ろッ!

出たッ!!



ダーーーーっと下流に下るチキンさん。
潜ろうとする魚は、かなり大きいです。

見ているこちらも興奮でした。
一発目から尺!?

a0057274_18234522.jpg

あ~あと5ミリぃ。
何度計ってもあと5ミリでした。

これでオレ達も釣りができます。
次はナヤさん。
ナヤさんもナヤさんなりの課題をもって臨んでいるようです。
人の釣りを後ろでガヤってるのもイイもんです。釣りしてる人には迷惑でしょうが。笑

8寸クラスで本日入魂のナヤさん。
いつも通りの急がないランディング。
てかこの人が
急いでいる姿を見たことは無い。


さぁオレの番です。
相変わらず反応の薄い渓です。
走る魚もいません。

どうしても攻めれないようなポイントでやっと魚が走る程度。
本日ポイントを見つける為にローラー作戦開始です。

直ぐ上流に堰堤があります。
20分で釣り上がれる距離ですが、ここは1時間掛けてみようと思い二人には堰堤上に行ってもらうことにしました。

何度も枝に引っ掛けながら丁寧にポイントを打っていきました。
深さのあるカタ。
ようやく一発目の反応。


a0057274_18243158.jpg

これまた尺まであと少し。
ま、オレにしては上出来です。


二人の後を追います。
二人とも反応が無かったようです。

途中低い堰堤が三段続いた流れがあります。
折角なので三人それぞれの堰堤へ。
上流で落ち合うことで別れました。

しゃがんだり、隠れたり、遠くから狙ってみたりしましたが無反応。


a0057274_18251684.jpg

結局一番下に入ったナヤさんだけ釣り上げたようです。
ここで一服タイム。
チキンさんのパラダイス武勇伝等も交えて笑い声が響きます。

水も良いし空気も良い。
後は魚だけ。
こればっかりは、ねぇ。

三人交代しながら釣り上がります。
周りは鬱蒼とした原生林。
勿論熊さんの居住区です。

それでも集中を切らさず毛鉤を打ち込んでいました。
右岸が葦に覆われ、左岸はがれ場でした。
大きな石が点在し、そのポイントに差し掛かった時でした。


グォォォォォ

葦から聞こえる唸り声。
一瞬何が起こったのか?と思いました。
次の瞬間には竿を放り投げ下流にダッシュ!

熊!

無我夢中とはこれの事。

多分ボルトのスタートより速かったと思います。
よく熊に出会ったら逃げるなと言いますが、無理です。
絶対逃げます。

すると葦から出てきたのはチキンさん。

ホーーーー。

オレのあまりの驚きように謝るチキンさん。
抜け殻状態のオレ。

何度も謝るチキンさん。
何故か竿を振り出すオレ。

呆気なく釣れるイワナ。

そうだ!イイポイントだったんだ!
我に返るオレ。


マジでチキンさんで良かったぁ。笑
次回は仕返ししますよ!




大きな堰堤の巻き。
吸い込まれたフライ。
a0057274_18255837.jpg
a0057274_18263750.jpg

これも寸足らず。




そうそう今回の釣行には目的があって、GPSのログ取り・堰堤上のパラダイス・尺。
ログの確認です。
a0057274_18271978.jpg

パラダイスまでは後何キロ??



釣りをしない順番の時はカメラ遊び。
最近はカメラの話に興味があります。
カメラを買った経緯をチキンさんに話すと、びたりオレのカメラを言い当てました。
それもそのはず、チキンさんと同じカメラだったのです。笑
雑誌で見るようなプロの真似をしてみたり、面白い角度で撮影してみたり。
釣りをしない時間も楽しく過ごせるようになりました。

a0057274_182887.jpg





最後の堰堤を越え1時間。
唯一釣り上げた8寸。
そこにパラダイスはありませんでした。

結局三人で10匹という貧果。
でも最低でも8寸なのでまぁまぁかな。

総移動距離11キロ。
約9時間。
次回は更に上をつめてみたいと思います。





おにぎり一個のなめた食料だった為、帰りの林道では食い物の話で盛り上がる。
お菓子のダブルボケで盛って盛って盛りまくるチキンさんとオレ。
なかなか相性の会う三人でした。

でも・・・

















a0057274_1829166.jpg

急に熊ベルと笛を鳴らしまくる三人でした。




時間も迫ってきているので、コンビニでサッと済ませます。
リッツの素晴らしさを語らう余裕はあるんです。王道
あ、シャルルじゃないよ。お菓子だよ。



a0057274_18312722.jpg

新子で終了したイブニング。
その後遭難しかけたおまけ付きでしたが。


二日間ぎっちり釣りが出来ました。
目標の尺は出てくれませんでしたが、楽しい釣りができました。
皆さんまた行きましょう。
お疲れしたッ!

ってチキンさん以外は今週もだね!笑
チキンさんは来年秋田かな?
[PR]
by junjun720 | 2011-09-13 23:55 | Fishing
<< チキンさんから頂いた写真・・・の巻 初秋の来客①・・・の巻 >>


ブログ説明

低こずかいをフルに活用し、嫁と二匹の怪獣を掻い潜ってる趣味人間。

カテゴリ
全体
Casting
Fishing
Tying
Life
未分類

タグ
(8)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

フォロー中のブログ
poshakoとtibi...
フライとルアーと時々エサ釣り
気ままにFF&t-made
フクちゃんのフライ日記
Queen

外部リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧